▲ ページの先頭へ

学校案内

School information

キャンパスライフ

年間スケジュール

4月
  • 入学式(1年生)
  • 学年オリエンテーション
  • 交流会
  • 防災訓練
  • 健康教室(1年生)
5月・6月
  • 環境ボランティア(1年生、2年生)
7月
  • 防災訓練(2年生)
8月
  • 夏季休業
  • オープンキャンパス
9月
  • 学校祭
  • 環境ボランティア(2年生)
  • 防災訓練(3年生)
10月
  • 環境ボランティア(1年生)
11月
12月
  • 冬季休業
1月
  • 国家試験対策(3年生)
2月
  • 環境ボランティア(3年生)
  • 国家試験(3年生)
  • 卒業前技術練習(3年生)
3月
  • 卒業講演(3年生)
  • 卒業式(2・3年生)
  • 春季休業

学生の様子

2022年になりました

1年生が3週間の病院実習からもどってきました。
大変だったけど、達成感や喜びも大きかったようでとてもよい顔になっていました。

2年生は新型コロナ感染症対対策のため、オンライン授業となりましたが、
画面越しに、新生児の心音聴取などの授業に取り組みました。

3年生はいよいよ間近に迫った看護師国家試験のオリエンテーションを受け
ひとりひとり受験票をもらい神妙な面持ちです。
みんなベストを尽くせるように、お守りとカイロと糖分補給のセットが渡されました。
みんなラストスパート頑張れ!!

冬休みが始まります

2021年12月

 

2021年も残すところあと数日になりました。

1.2年生は今年最後の授業を終え、短い冬休みに入りました。

3年生は最後の実習を終え、2月の国家試験に向けてラストスパートです!

そんな3年生に、卒業生が差し入れをどっさり持って、激励に来てくれました。

「自分たちも頑張っていたこの時期に、先輩が差し入れを持ってきてくれたことが、とても励みになり嬉しかったから!」と素敵な笑顔で語ってくれました。

卒業生の立派な姿に、教員一同胸が熱くなり、とてもホッコリとした気分になりました。

ありがとうございます。

3年生の皆さん、先輩の思いを受け取り、気合を入れて頑張りましょうね~☺

 

そして今年も、愛知県専任教員養成講習会の研修生の方が来てくださいました。

基礎看護技術Ⅵの授業では、「吸引」「包帯法」の講義・演習を担当していただきました。

演習では、グループごとに研修生の先生がデモンストレーションをしてくださり、

学生は「近くで見れたので、とても分かりやすかった」「丁寧に教えていただけた」「困った時すぐにアドバイスをくれた」と、

とても効果的に学ぶことができたようでした。

私たち教員も初心に返り、学ぶことが多くありました。ありがとうございました。

 

エントランスには、今年もクリスマスツリー🎄が点灯しています。

今年は3年生が飾り付けてくれました。

  

Merry Christmas!

来年も良い年になりますように☆彡

SCENARIO演習(1年生)

2021年12月

 

1月にスタートする基礎看護学実習Ⅱにむけて、1年生が“SCENARIO(シナリオ)”というシミュレータを用いて演習を行いました。

まずは、ベッドサイドの環境動画を視聴し、ワークを行います。

  

次に、バイタルサイン測定を代表者が行います。

実施している様子が大きなスクリーンにも映し出され、緊張感も高まります💦

  

実施した内容をみんなで振り返り、気づきを共有していきます。

 

様々な気づきがあり、これまで授業で学んできた知識と結びつけながら、とても真剣な表情で取り組んでいました。

次はいよいよ臨床での実践です!

緊張も不安もいっぱいだけど、今日の学びを力に変えて、自信を持って「いってらっしゃーい!」

 

 

環境ボランティア(2年生)

2021年12月

寒い日が続きますが、ポカポカと暖かい日差しが降り注いだこの日、2年生が学校周辺の地域清掃を行いました。

途中、「清掃活動?ごくろうさま~」「ありがとね~」と地域の方々から声をかけていただきました。

清掃活動を通して、身体も心も温かくなり、リフレッシュできました☺

学校では活動を振り返り、ポスターにまとめました。

ケーススタディ発表会(3年生)

10月のキャンパスライフで前半グループのケーススタディ発表会を掲載しましたが、後半グループのケーススタディ発表会があり全員の発表が無事終わりましたのでお知らせします。

後半グループも今までの実習での事例を1例選択し、その中で行った看護実践を振り返りケーススタディとして発表するものになります。

今回も学生主体で、司会・進行・発表・講評等運営をしています。

 

 

自身の書いた論文を指導を受けながら完成させ、分かりやすさ等考えながらパワーポイントを作成して発表をします。

質疑応答では多くの学生が挙手し、様々な質問や意見があり、発表の学生と効果的なやり取りをしていました。

  

発表時間の制約もある中で、発表をする3年生の姿は頼もしくみえました。

 

3年生の皆さん、発表お疲れさまでした!

訪問パン屋さん🍞

急に朝晩冷え込むようになってきました。

 

今回は学校に毎週木曜日に来て下さる美味しいパン屋さんの紹介です。

学校には毎週木曜日の昼時にパン屋さんが登場します。

これは、【くわの実福祉会かいこ】の方が持って来て下さるものです。

人気のパンは早く行かないと、なくなります💦

    

👆          👆

食パンやクッキーなどのお菓子もあります。

定番もありますが、毎回少しづつ種類が変わり、季節ごとの商品もあります🍂

今は『サツマイモ』や『シチュー』がテーマになったパンもありました!

なので、今週はどんな種類があるかな♪と学生も覗きに行くのを楽しみにしています

 

 

 

環境ボランティア(1年生)

環境ボランティア(1年生)

緊急事態宣言が解除になり、環境ボランティアが再開となりました。

1年生は初めての環境ボランティア活動となり、学校周辺の清掃を行いました。

「いろんなゴミが落ちている」など話をしながら自己の行動を振り返る様子もありました。

   

実施中には、近隣の方が声をかけてくださり交流の機会ともなっています。

実施後はグループワークを行い、美化に対する意識が高まった様子が伺えました。

看護研究演習:ケーススタディ発表会(3年生)

ケーススタディの発表会を行いました。

3年生は、前半・後半の半分ずつに分かれ、全員発表を行います。

これまでの看護の実践から課題を見出し、ケーススタディとしてまとめ発表します。

学生全員で司会進行・発表・講評などを行い、会の運営に携わります。

発表者は、指導を受けながら完成させた論文を相手に伝える発表を心がけ行っていました。緊張しながらも頑張って発表している姿が印象的でした。

質疑応答も活発に行われました。講評では、担当する学生の論文をしっかり読み、一つ一つ丁寧に講評することができていました。また、発表会には2年生も参加し、立派に発表している先輩の姿に良い刺激を受けていました。

入学してからの3年間、COVID-19 による影響を受けながらも、しっかり前を向き成長している姿を嬉しく感じました。ケーススタディを通して学んだ知識を、今後の実習や臨床でさらに発展させ成長してくれることを期待しています。3年生の皆さん発表お疲れさまでした。

 

シルバー人材センター実習(2年生)

9月16日、2年生が老年看護学実習Ⅰ「シルバー人材センター実習」を行いました。

シルバー人材センターで勤務されている職員・会員の方々に当校へお越しいただき、お話を伺うことができました。

地域で暮らす元気な高齢者が社会の中で役割を持ち、生き生きと働く姿や思いに触れることで、高齢者の持てる力を知る機会となりました。

 

職員の方からセンターの概要についてご講義頂きました。

 

会員の方々から仕事への思い、学生へのメッセージなど聞かせて頂きました。

 

実際に勤務されている様子を動画で見せて頂きました。地域の様々な場で私たちの生活を支えて下さって

いることがわかりました。

 

グループに分かれ、会員の方へ個別にお話を伺うことができました。

 

お話を聴き、とてもやりがいを持って働かれている様子がよくわかりました。

 

人生の先輩としてアドバイスも頂き、有意義な時間を過ごすことができました。

 

授業の再開

緊急事態宣言が解除され、学校での対面授業が全学年再開となりました。久しぶりの学校生活を楽しみながら過ごしています。

1年生は、初めての実習を終えました。病院という緊張感のある雰囲気の中、コミュニケーションをとりながら患者さんの思いにふれ、多くのことを感じ学びにつなげることができました。後期の授業では、病気とその治療・看護技術の授業が増えてきます。下の写真は、無菌操作の演習の様子です。鑷子(せっし)の取り扱いに苦戦したり、滅菌物を取り扱うことで清潔・不潔の認識の重要性に気づくことができました。

           

2年生は、Aクラスは授業、Bクラスは老年看護学実習を行っています。

「成人看護の方法(がん看護)」の授業です。がんを患った患者への看護観について発表しています。がんの患者さんに看護師として何をすべきだろうか?と考え、読み進めた本から自分なりの考えを発表していました。発表を聞いていると、学生の成長が伺え、嬉しく感じた瞬間でした。

          

遊びリテーション(遊びながらレクリエーションをする生活の場のリハビリ法)をグループで考え発表しました。しっかり目的を考え、高齢者の特徴を踏まえながら、学生は高齢者になりきって楽しみながら学びを深めていました。

       

緊急事態宣言は解除となりましたが、引き続き感染対策を確実に行い、学びを継続していけるようにサポートしています。