▲ ページの先頭へ

学校案内

School information

教育方針

校長あいさつ

瀬戸旭看護専門学校のホームページへようこそ

本校は瀬戸・旭地域の保健・医療水準の向上に寄与する人材育成をめざして、平成5年に設立されました。この主旨に従い、毎年多くの卒業生が当地域の医療機関に就職し、幅広い分野で活躍しています。

看護に必要なことは確かな知識・技術そして人を思いやる心です。

本校では経験豊富な看護教員が、学生の特性に合わせて親切に指導してくれます。また、実習も隣接する公立陶生病院をはじめ、当地域内の医療機関で行われます。このような環境の中で、学生達は着実に知識・技術・心の力をつけていきます。

本校では1学年80名と学生数が比較的多く、同級生・先輩・後輩との繋がりの中で充実した学生生活を過ごすことができるでしょう。

<自立した個人として人の役に立ちたい>と願って看護の道を志す皆さん、望みを胸にぜひ本校へ入学してください。心からお待ちしています。

理念

ともに学び、ともに育ち、ともにかなえる

本校は、人間尊重の精神を基盤に、地域住民の健康と福祉に寄与する感性豊かな看護師を育成することを目的とする。
看護は、あらゆる健康レベルにある人間を対象とし、その人らしい健康な生活が送れるよう支援することである。
したがって、教育にあたっては、人々の看護ニーズに応えるため、科学的思考に基づいた判断力を身につけ、
一人一人の価値観を尊重した看護の実践ができるよう支援するものである。
そのため、学校は学習者が主体的に行動できるよう動機づけ、
支援し、学習者・教員が相互に学びあう中で人間として成長することを期待する。
さらには、専門職業人として自己研鑽に努め、看護の発展に貢献できる人材の育成を目指している。

教育目的

看護師として必要な基礎的知識・技術・態度を習得し、
社会の変化に対応できる看護実践者を育成する。

教育目標

  1. 生命を大切にし、人としての権利を尊重して行動できる豊かな人間性を養う。
  2. 人間を多面的で統合された存在として理解する能力を養う。
  3. 人間への温かい関心と共に、共感的態度を基本として人間関係を形成する能力を養う。
  4. QOLの向上をめざし、知識・技術を科学的根拠に基づいた判断をベースにして、
    看護を実践できる基礎的能力を養う。
  5. 保健・医療・福祉チームの一員として、看護の主体性を発揮できる基礎的能力を養う。
  6. 看護専門職として行動できるように、倫理観、責任感、自己学習能力を養う。