▲ ページの先頭へ

学校案内

School information

キャンパスライフ

年間スケジュール

4月
  • 入学式(1年生)
  • 学年オリエンテーション
  • 交流会
  • 防災訓練
  • 健康教室(1年生)
5月・6月
  • 環境ボランティア(1年生、2年生)
7月
  • 防災訓練(2年生)
8月
  • 夏期休暇
  • オープンキャンパス
9月
  • 学校祭
  • 環境ボランティア(2年生)
  • 防災訓練(3年生)
10月
  • 環境ボランティア(1年生)
11月
12月
  • 冬期休暇
1月
  • 国家試験対策(3年生)
2月
  • 環境ボランティア(3年生)
  • 国家試験(3年生)
  • 卒業前技術練習(3年生)
3月
  • 卒業講演(3年生)
  • 卒業式(2・3年生)
  • 春期休暇

学生の様子

環境ボランティア(1年生)遊びリテーション・健康体操(2年生)

 

今年度は、新型コロナウイルス (COVID-19) の影響もあり、夏休みはあっという間に終わり学校生活が再開しています。世間はgo to travelなど緩和ムードがありますが、看護学生はしっかり感染対策を意識しながら学校生活を送っています。

今回は、1年生と2年生のキャンパスライフをお伝えします。

1年生は、9月から基礎看護学実習Ⅰが開始となりました。初めての病院実習に不安をもちながらも、大きな期待をもち臨みたくさんの学びを得ていました。そんな忙しい中、地域とのつながりや地域への貢献の気持ちをもち、学校周囲の清掃(環境ボランティア)を行いました。

清掃のあとは、グループワークを行い、環境美化について気づきを共有しました。

2年生は、老年看護学実習Ⅰで「遊びリテーション・健康体操」を行いました。高齢者の介護予防・生活機能の維持・向上という目的意識をもちながらも、参加した高齢者が楽しくできるようにと一生懸命考え取り組みました。最後、グループで考案したものを高齢者になりきった学生に行い、楽しく学びを深めていました。

 

看護研究発表(3年生)

2020年 10月

9月から11月の間、3年生は授業組と実習組の2組に分かれます。

授業組は、「看護研究演習」の科目の中で、実践した看護の中から課題を見出し、ケーススタディとしてまとめていきます。まとめた論文を三日間にわたり、全員が発表しました。

 

3年間の集大成と言うにふさわしく、自分の看護について文献を用いて論理的に考察することができており、学生一人ひとりの成長を感じることのできる発表でした。

意見交換も活発に行われていました。

 

2年生も先輩の発表を聴講し、次年度に向けて意識を高めていました。

 

3年生の皆さん、お疲れ様でした。

実習もラストスパート!今回学んだことを後半の実習にも生かして、頑張っていきましょう♪

9月 防災訓練

短かった夏休みも終わり、9月からは通常の教室での授業が開始されました。

当初、4月に行う予定であった防災訓練がようやく実施できました。

3年生は実習中のため、本年度は1・2年生のみで行いました。

 

各教室から学生駐車場に避難し、講評を受けているところです。

ここで2年生は終了。

 

1年生と教員は引き続き、4階から救助袋を使用して避難する方法と消火器・消火栓の使用方法を訓練しました。

いざという時、冷静に行動する為には日頃の訓練が大切だと実感した1日でした。

  

 

毎年、2・3年生が救命講習を受講していることに対して、応急手当の普及に努めたとし瀬戸消防より感謝状をいただきました。

2020年8月 昼休み(1年生)

愛知県内の新型コロナウイルス感染者が増えており、緊急事態宣言が出されました。

当校でも今まで通りしっかり感染予防に取り組みながら学校生活を送っています。

 

今回は昼食風景です。

例年であれば、昼食はおしゃべりしながら楽しく食べていますが今は我慢‼

密にならないよう間隔を取りながら、前を向いて黙々と食べます。

食事の時はマスクを外すため、特に気を付けています。

 

  ↑ 合同教室での食事風景                   体育館での食事風景

 

 

一人での食事はつまらないけど今は我慢‼

自分の席で前を向いて食べます。

 

 

 

 

今年度は夏休みが2週間と短いですが、不要不急の外出はせず自宅で学習にしっかり取り組んでほしいと思います。

授業の様子(2年生)

   暑くなってきました。

  学生たちは、三密対策をしながら授業を進めています。

  今回は、2年生の授業の様子を紹介します。

 

基礎看護技術の授業では、人形を使って『点滴をしている人』のベッドから車椅子への移動の練習をしました。

              安全で安楽な方法を自分たちで考えながら行いました。

            在宅看護論の授業では、

            皮膚保護剤を塗って、水分がはじかれる様子を体験しました。

                左右での違い、わかりますか?

         シールタイプの皮膚保護剤を貼ってみて、擦れから肌を守る体験もしました。

            テカリのある部位がシールを貼っているところになります。             薄くて透明なので、皮膚の状態の観察も容易にできます。

授業再開(1年生)

2020年6月

5月末から1年生も授業が再開となりました。

今回は、1年生の基礎看護技術の授業を紹介したいと思います。

現在は、コロナウィルス対策のため実習室での人数を制限しながら安全に学ぶことができるよう行っています。

看護学校入学して間もなく、看護師に必要な“看護技術”の授業がはじまります。

1つ目に紹介するのは、感染予防です。

手洗いやディスポーザブルの手袋やエプロンの着脱について学びます。患者さまや自分自身を感染から守るために必要な看護技術の一つです。

簡単そうにも見えますが、清潔・不潔を意識して行うため、初めて行う学生は1つ1つ確認しながら慎重に行っています。

教員のサポートを受けながら、初めての看護技術にドキドキ・ワクワクしながらも、しっかり学んでいました。 

 洗いの洗い残しをCHECK!洗い残しがどんな所に多いのか確認しています。

 

              

エプロン・手袋の着脱中。清潔区域・不潔区域を意識して行います。

もう1つの看護技術は、体位変換です。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、入院されている患者さまの中には病気によって自分の力だけでは動くことができない方もお見えになります。

そのような患者さまをベッドから車椅子、ベッド上で体の向きを変えるときに行う看護技術を学びました。

学生は、患者役と看護師役の両方の立場を体験することで、看護技術だけでなく、患者さまの思いに寄り添えるように看護技術を行う姿勢についても学んでいます。

         演習に備えて教室で自己学習中!              

          

人の体を動かすということの難しさを感じながら頑張っています。

模擬試験(3年生)

2020年5月21日(木)

新型コロナウイルス感染症に伴う対策として、4月より実質臨時休校の措置をとっていましたが、5月15日付の、国の緊急事態宣言解除および愛知県の休校要請の緩和措置を受け、授業および臨地実習の再開に向けて、少しずつ準備を進めています。

今週は、各学年が指定日に分散登校しています。

本日、3年生は模擬試験を受けました。3密にならないよう、机間を幅広く取り、数日に分けて少人数で実施しています。

その他にも様々な感染対策を講じています。使用した机も除菌水できれいに拭いてくれました。さすが、3年生!

2019年度